神奈川県横浜市戸塚区の有限会社福海建設の業務内容のご紹介

30年超の実績が生む
安心と信頼

福海建設は、建築現場における擁壁、宅地造成、地下車庫などの型枠工事を、
1989年の創業以来30年以上に渡り手掛けてきました。
現在は住宅などのリフォーム全般も行っております。
頑丈で正確な基盤をつくるためには、チームワークが不可欠です。
従業員同士の一体感を大切にしながら、正確で丁寧な質の高い仕事を提供しております。

型枠工事

型枠工事

form work construction

建築現場における擁壁、宅地造成、地下車庫などの型枠工事を行っております。
あらゆる事業で機械化が進むなか、精密さを求められる型枠工事は人力が主流。
型枠大工が造る建物の土台や建物の躯体には、ミリ単位の精度を求められるため、経験と技術の積み重ねが大切です。
福海建設では正確かつ丁寧な仕事を行えるよう努力し、信頼し続けてもらえる企業を目指しております。

型枠工事01
型枠工事02
型枠工事の流れ
型枠工事の流れ【1】
加工図作成・加工作業

施工図面から柱、梁、壁、
スラブ等の寸法と形状を拾い出し
、加工図を作成します。
作成した加工図を基に、
ベニヤや桟木を使って加工材を作成し、
現場へ持っていきます。

型枠工事の流れ【2】
墨出し

型枠の建て込み位置や
大きさや高さを特定するために
線や印をつける墨出し
という作業を行います。

型枠工事の流れ【3】
建て込み

加工材やパネルを墨の位置に
合わせながら型枠を建てこみます。
建てた後の補修がゼロで
あることが求められるので、
丁寧かつ正確な作業を心掛けてます。

型枠工事の流れ【4】
コンクリート打設・型枠解体

型枠に流し込まれた生コンクリートを
打設器具を用いて締め固めて行きます。
打設中は大工さんも立ち合います。
打設完了後、コンクリートが固まり
強度が出た時点で型枠を解体します。

型枠工事の流れ【5】
躯体完成

躯体工事が終わると
徐々に内装工事が始まります。

リフォーム工事

リフォーム工事

reform construction

内装工事・増改築、水回り工事、外壁塗装工事・改装など、住まいに関する様々なリフォームを行っております。
お客様のご予算、ご要望などを踏まえて、建物調査・診断により最適なプランをご提案。お住まいのトイレ・ユニットバス等の取替え、間取り変更から大規模なリニューアル工事まで 快適な住空間を創出させていただきます。

リフォーム工事01
リフォーム工事02